社会福祉法人河辺保育園の園の保育の特色について

保育の特色

特色ある保育

積み木

積み木は単純な遊びですが子どもたちの情操教育にはとても効果的な遊具です。
幼児教育に熱心なドイツの幼稚園で広く使用されている積み木は、7種類の基本形があり、積木3つでちょうど10cmの基尺になるよう工夫されています。また、玉の通り道を思い通りに作り、玉を転がして遊べる木の玩具の「スカリーノ」や、「もっと高く積み上げたい!」といった子どもたちの思いを可能にする積み木の「カプラ」など、いろいろな積み木を用意しています

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

アイロンビーズ・ビーズ

アイロンビーズ専用の台に自分で形やもようを考えながら一つずつくずさないようにビーズを入れていくことで、集中力、持続力がつきます。
ビーズでブローチや指輪などを作るときは、小さく細かいビーズをひもやハリガネに通すので、集中力がつき、指先も器用になります。また自然と数が数えられるようになります。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

LaQ(ラキュー)

細かなパーツの色や形を考えて、指先の神経を上手につかって、立体的な作品にしていきます。

  • 写真
  • 写真

ロンディ

円盤の切り込みどうしをかみ合わせて、色々な形を作る楽しい造形遊びです。柔らかいプラスチックでできていて、かみ合わせたり、外したりも容易です。
指先を使って自分で想像して作り上げます。

  • 写真
  • 写真
  • 写真

モザイクブロック

色6種類の色板を使って、子どもの創造録を掻き立てます。
色とりどりのモザイクブロックを使って自由な発想で美しいモザイクを作ります。
平面だけでなく、立体的に組み上げることもできます

  • 写真
  • 写真
  • 写真

ポニーと遊ぼう

毎月1回、大きな動物にこわがらずにふれあい、エサをあたえたり、ブラシをかけたり、お散歩したりしています。

  • 写真
  • 写真

からだと食事

早起き早寝のよい習慣を身につけ、朝食はしっかりととって遊びましょう。
乳幼児は人の一生のなかでも、心身とももっとも成長発達の著しいときです。
この時期は基本的な生活習慣の基礎づくりの大切な時期です。

からだ

◎毎日、健康チェックをしています。
◎大切な成長期に薄着の習慣を身につけ、土踏まず育成のため、年間を通して、裸足で過ごしています。
◎歯の健康のために、歯ブラシを使用しています。
◎園医は、【ナルケンキッズクリニック】です。

写真

食事

◎手作りを基本に、衛生的でおいしい食事を作っています。
◎季節感を大切にしたバラエティーのある献立です。
◎安全性の高い過熱調理を原則に、適温食事をこころがけています。
◎「噛む力」を考慮して、素材の切り方、煮つけにも工夫し、ときには固めの調理をします。
◎味付けは、塩分や糖分の取りすぎを防ぎ、素材のおいしさがわかるよう薄い味つけにし、幅広い嗜好を身につけてもらえるように工夫しています。

  • 写真
  • 写真
  • 写真